子供が夏休みに入ったので、夏季短期水泳教室に通うことにしました。期間や金額はスイミングスクールによって様々ですが、普段通うスイミングスクールよりも割安のようです。期間も2?5日くらいのところが多く、泳ぎの基礎を学ぶというよりは、水に慣れて興味を持ってもらい、通常クラスに勧誘することが目的のようです。
我が家の子はスイミングの経験がなく、顔に水がかかるだけで大泣きする子なので心配しました。実際、私と離れた瞬間から泣き始めましたが、コーチの対応はさすがでした。まずはシャワーを浴びる場面では、コーチが子供を抱っこし、肩だけ水をかけます。徐々に慣れてきたところで、頭にさっと水をかけて優しい言葉をかけてくれました。教室の内容も工夫されていて、まずは足だけ水につけるところからスタートしました。次にプールサイドに座った状態からバタ足、体半分を水につける、手で水を救って飲む真似をすることで顔の近くに水を持ってくる、そのまま顔を洗う、というように徐々に水に慣れていくように工夫されていました。最後はマットを斜めにして滑り台にして、肩まで水が浸かるところまでやりました。少子化で習い事の生徒集めも厳しい中、子供の恐怖心を拭い、やる気を出させるためによく工夫されていると思いました。http://www.jymretreats.org/