映画「美女と野獣」をDVDで見ました。
有名なディズニーアニメですが、実写化するとどうなるのか興味津々で見始めました。主人公のベルは村一番の美少女ですが、読書ばかりして空想にふけっているので周りからは変人扱いされています。女は字など習う必要はないという時代背景もあり、加えて父親や夫を亡くした女性はもう物乞いするしか生きる術がないというのも見ていてつらかったです。ガストンという荒くれ者がなぜか女性たちにもてまくっているのも腹が立ちましたが、ベルは最初から一貫して人を見る目があり、それが救いでした。
野獣は最初に登場した時はかんしゃく持ちで歪んだ性格をしていたので、こんなキャラクターだったのかと意外でした。ベルと出会い、少しずつ改心していくというストーリーなのですね。野獣のメイクはどうやっているのか、ものすごく精巧で見入ってしまいました。
そしてなんと言ってもベルを演じるエマ・ワトソンがめちゃくちゃ可愛いです。二人のダンスシーンはホウッとため息が出るほど美しくて、昨今の映画技術のレベルの高さにも感心した作品でした。ミュゼ 料金