アルミホイルを丸めて叩いただけでできるピッカピカの玉のことが書いてあるブログを見つけ、
この球がきれいに光っているのを見たら作ってみたくなりました。

作り方はアルミホイルを数メートル分出したらそれをぐちゃぐちゃに丸めて、
トンカチでひたすら叩き続けて、
球面に凸凹がなくなってきたら、
缶の底などの丸みを帯びた形状ものを球に押し当てて形を整えら完成です。

アルミホイルをぐちゃぐちゃに丸めると、
形が歪でシワだらけなのに、
トンカチでひたすら叩き続けると球にになっていくどころか、
アルミのシワがなくなって新品のようにピッカピカに光って、
あそこまでピッカピカに光るのにはびっくりしました。

普通のゴムボールほどの大きさにするには約二時間くらい叩き続けなばいけないそうなので、
作るならピンポン玉くらいの大きさのものでいいです。

作るにあたってひとつになることがあり、
しばらくトンカチでトントン叩き続けるので、
近隣の住民に迷惑にならないか心配です。http://www.fndg.co/mobit/